山崎武司氏がコロナ感染

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス 中日 楽天

中日、オリックス、楽天で活躍した山崎武司氏(52)が、新型コロナウイルスに感染した。

所属事務所が11日、公式ホームページで公表した。

発表文は以下の通り。

「日頃から弊社所属のタレントを応援いただき誠にありがとうございます。

本日、弊社所属の山﨑 武司が新型コロナウィルスのPCR検査におきまして陽性と判断されましたので御報告させて頂きます。なお、山﨑の病状ですが、軽い肺炎の症状があり現在病院にて療養中でございます。

お取引先及びファンの皆様には多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。

今後は、弊社といたしましても病院及び保健所の指導に基づき、更なる感染予防の徹底に努めてまいりたいと存じます。

今後とも変わらぬ応援よろしくお願い申し上げます」

「軽い肺炎の症状」という事で、重篤な状態ではなさそうだが、心配される。山崎氏は5日の中日-DeNA戦ではテレビ解説のためにナゴヤドームを訪れていた。

山崎氏は86年ドラフト2位で中日に入団。96年に本塁打王を獲得したが、03年にオリックスへトレード移籍。05年からは楽天でプレーし、07年には本塁打・打点の二冠王を獲得した。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事