山口俊、下半身露出の捕手とサヨナラ負け 米デビュー戦

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 MLB(大リーグ)

◆ブルージェイズ5-6レイズ◆(タンパ)
巨人からポスティングでブルージェイズに移籍した山口俊が現地時間26日(日本時間27日)レイズ戦で初登板。下半身を露出して2月に逮捕されたマグワイア捕手と組み、延長十回にサヨナラ負けした。

十回表のタイブレークで、スタメン出場した捕手のジャンセンが二走からスタートしたため代走が送られ、裏の守備から「相棒」マグワイアが捕手に入った。

1点を勝ち越し、セーブを託されて裏に登板。タイブレーク制のため、無死二塁でスタート。四球で一、二塁となり、キアマイアーにライトへ三塁打を浴びて2者が生還、サヨナラ負けとなった。多数の日本のメディアは「二塁打」と書いているが、MLB公式サイトによると三塁打である。

0/3回で1安打2失点1四球。球数は11球。試合後は「ワクワク感が強く、やっと開幕した。難しいところはありますが、僕は結果を出していく立場。どこのポジションでも結果を意識したい」と話した。DeNA時代の同僚でレイズに所属する筒香嘉智との対戦も楽しみだ。

相棒のマグワイアは2月、キャンプイン前にフロリダ州のショッピングモール駐車場で下半身を露出したとして逮捕、起訴された。

2月7日、駐車していたSUV車の中で下半身を露出し、自慰行為をした。警官が駆け付けた時はシャツを手で引き下げて性器を隠していたが、スウェットパンツは足首まで下げられていたという。


コロナウイルス感染拡大により延期されていた裁判では、最高で懲役1年、罰金1000ドルの可能性があったが、450ドルの罰金と6ヶ月の保護観察処分が科された。これにより、マグワイアはフロリダのキャンプへ合流出来ることになった。

13年ドラフト1巡目で指名された強打の有望株で、昨季は新人として30試合に出場して打率2割9分9厘、5本塁打11打点。
今季も既に「打棒」は好調。1発を放っている。


・山口俊ピンチ 正妻が下半身露出で逮捕

・美しすぎる野球選手の妻・彼女達㊳山口俊&高木加織

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS、Instagram、MLB公式サイトより

◆山口俊
トロント・ブルージェイズ
187cm/98kg
右投げ右打ち
背番号1
投手
生年月日 1987年(昭62)7月11日
出身地 大分県
出身校と経歴 柳ケ浦高−DeNA−巨人
ドラフト年度と順位 05年高校1位
メジャー移籍 19年オフ、ポスティングシステム

関連記事