山下航汰4安打、片山雄哉3安打、根尾昂1安打、台湾移籍の歳内に初黒星【アジアWL】

巨人 阪神 中日

台湾で行われている2019アジアウインターベースボールリーグの「NPBホワイト」対味全ドラゴンズ戦が27日行われ、巨人山下航汰らの活躍で「NPBホワイト」が7対2で快勝した。

山下は4打数4安打2得点、阪神片山雄哉が3打数3安打2打点の活躍。中日根尾昂はこの日はライトの守備に就き5打数1安打だった。根尾は五回の守備では無死一塁からフェンス手前まで飛んだ大きな飛球を背走しながら好捕、さらに好返球で一塁ランナーを刺す“見せ場”もあり、大きな拍手を浴びた。

味全の先発は阪神から移籍したばかりの歳内宏明だったが、初回に根尾、山下、田中貴也に安打を許して2失点、二回以降四回までは無失点に抑えたが負け投手となった。

関連記事