小林誠司1号決勝弾「ボクなのでファウルになるかと」

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 広島

◆広島1-2巨人◆
巨人・小林が同点の七回、今季1号となる決勝ソロを放った。小林の本塁打は2シーズンぶり。

一死から床田の低めスライダーをすくい、レフトへ放り込んだ。小林はヒーローインタビューで、「ここずっと打ててないですし、それでも打席に立たせてもらえるチャンスがあったので、なんとか自分のスイングをしようという気持ちと、ベンチでも皆が前向いて声を出していたので、ボクもなんとかしたい気持ちで、たまたまバットに当たりました」と振り返った。

打った瞬間に本塁打とわかる当たりだったが、「手応えはあったんですけど、ボクなのでファウルになると思いましたが、広島の地なので、はい。入ってくれたのかと思います」と笑わせた。

7日の中日戦ではレフトスタンドへの大飛球がファウルの判定となり、原監督がリクエスト。リプレー検証の結果、判定が変わらずという場面もあった。

守っては中4日で先発した菅野をリードした。菅野は7回まで95球を投げて5安打1失点で4勝目。小林は「智之は頼もしいですし、常に背中でチームを引っ張ってくれる姿は皆、ついていく部分があると思うので、智之だけにならないように皆でしっかりサポートしたいという気持ちでやりました」と愛妻としての心境を吐露した。

「全員が日本一、優勝に向かってやっているので、明後日も全力で頑張りたいと思います」と前向きに締めくくった。

文・写真/BBNEWS編集部

◆小林誠司
背番号 22
カナ コバヤシ・セイジ
出身校 同大
誕生日 1989年6月7日
年齢 32
血液型 O
身長 178
体重 86
所属履歴 広陵(甲)―同大―日本生命
キャリア 8年
投打 右右
ドラフト年度 13
ドラフト順位 1
公式戦初出場 14年3月28日阪神=東京ドーム
年俸 1億円
昨季年俸 1億円
タイトル (ゴ)17
家族 独身

関連記事