小林誠司 巨人対外試合1号 原監督「打つべくして打った」

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 キャンプ情報 原語(ハラゴ)

巨人・小林誠司が今季初の対外試合となる韓国・サムスンとの練習試合(セルラー那覇)に「八番捕手」で先発し、四回にソロ本塁打を放った。

サムスンの二番手キム・デウの内角低めを左翼席へ打ち込んだ。

原監督は「第3クールぐらいからバッティング練習も非常に集中力を増してやっていて。やっぱり練習をきちんとやっていると、結果として出るんだなと。それが分かれば非常に良いですね。たまたま打っちゃった、当たっちゃったじゃなくてね。打つべくして打ったと僕は見ているけど」

炭谷、大城、岸田と正捕手を争うが、まずは課題の打力で成長をアピールした。

文・写真/BBNEWS編集部

◆小林誠司
背番号 22
カナ コバヤシ・セイジ
出身校 同大
誕生日 1989年6月7日
年齢 30
血液型 O
身長 178
体重 86
所属履歴 広陵(甲)―同大―日本生命
キャリア 7年
投打 右右
ドラフト年度 13
ドラフト順位 1
公式戦初出場 14年3月28日阪神=東京ドーム
年俸 1億円
昨季年俸 6000万円
タイトル (ゴ)17
家族 独身

関連記事