小林誠司“サイン見破り”くせ者コーチ絶賛

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神

◆阪神2-4巨人◆(CS第1ステージ)
巨人が阪神に連勝、CS第1ステージ突破を決めた。元木コーチは初戦、阪神のエンドランを見破って反撃の芽を潰した捕手・小林を称賛した。


前日、1点を先制した直後の守りで、無死一塁から阪神のエンドランを見破ってウエスト、一走・マルテを刺した。このプレーについて、元木コーチは「あれは誠司よ。誠司が『何かおかしいと思ったから外しました』って言ってた。あいつのファインプレー」と明かした。

このプレーを巡っては試合後に矢野監督が「アレを外すということは相当根拠がないと外せない」とサインが解読されていたことを問題視。CSの流れを作るプレーの一つとなった。

文・写真/BBNEWS編集部

◆小林誠司
背番号 22
カナ コバヤシ・セイジ
出身校 同大
誕生日 1989年6月7日
年齢 32
血液型 O
身長 178
体重 86
所属履歴 広陵(甲)―同大―日本生命
キャリア 8年
投打 右右
ドラフト年度 13
ドラフト順位 1
公式戦初出場 14年3月28日阪神=東京ドーム
年俸 1億円
昨季年俸 1億円
タイトル (ゴ)17
家族 独身

関連記事