小川の守乱からヤクルトが大敗

巨人 ヤクルト

◆巨人19-7ヤクルト◆
巨人が5点差を逆転し、終わってみれば23安打で打撃戦を制した。

巨人打線が爆発したのは間違いないのだが、試合のポイントとなったのは巨人が5点を追いついた四回のヤクルト小川のエラーだ。

2点を返してなおも一死満塁で代打・阿部の打球は平凡な投ゴロ。しかし小川が本塁へ悪送球し、2者が生還して1点差。重信の三邪飛で2死三塁とし、最後は坂本勇が中前適時打で5-5の同点に追いついた。坂本勇は「みんながつないでくれたチャンスで打ててよかった」と振り返った。

小川は五回途中まで続投し、結局4回2/3で12安打9失点。4敗目となったが、自分の首を締めてしまった。巨人・原監督が「振り返るにも多すぎて…」と言うほど、ヤクルト投手陣が打たれまくった大敗だった。

関連記事