審判の股間に打球、岡本尻餅…阪神ー巨人で珍プレー続出

エンタメ・話題 巨人 阪神

◆阪神4-2巨人◆
伝統の一戦で、珍プレーが続出した。

まずは初回、二死から福留の当たりは一塁線を破る長打になるかと思われたが、一塁の丹波塁審の股間を直撃。単打になった。

二回は先頭・糸原がワンバウンドの投球をすくい上げ、二塁内野安打に。イチローがオリックス時代に見せた「曲芸打ち」を想起させる打撃だった。

糸原は犠打と安打で三塁へ進み、梅野の適時打で先制のホームを踏んだ。

巨人にも珍プレーがあった。六回、一死から岡本は右翼へ二塁打を放ち、二塁ベースを回ったところで転倒し、尻餅をついた。

八回には再び阪神。30日に今季初めてスタメンを外れた大山が一死三塁で代打で登場し、大竹のボール球に三振、暴投で二塁まで進む振り逃げとなり、貴重な追加点を挙げた。

関連記事