守備妨害の判定に広島・緒方監督が執拗に抗議

巨人 広島

◆巨人5-1広島◆
広島・緒方監督が執拗に抗議した。

六回二死で鈴木の投ゴロを山口が一塁へ送球したが、鈴木の体に当たってファウルグラウンドを転がった。

鈴木は一塁を回り二塁へ向かったが、津川球審は、鈴木が一塁線の内側を走って守備を妨害したとして、アウトの判定を下した。

緒方監督が指をさしながら、強い口調で抗議。これに対し、木内、白井、川口の塁審3人も集まり、説得を続けた。結局、緒方監督はおよそ2分半で諦めてベンチに帰り、判定は変わらず3アウトチェンジとなった。

緒方監督は5月4日に、菊池のオーバーランに関する判定に抗議し退場になっているが、この日の抗議は時間だけならこの時より上だった。

関連記事