守備の乱れ響き…ロッテも自力V消滅

西武 ロッテ

◆ロッテ2-9西武◆
ロッテは自力優勝の可能性が消滅した。初回にマーティンの6号ソロで先制したが、守備の乱れから西武に流れを渡した。

まずは四回。無死一塁から、山川の遊ゴロを平沢が二塁へ悪送球。二、三塁となり、木村の遊ゴロの間に同点に追いつかれた。

五回には一死満塁で、三ゴロで併殺かと思われたが、レアードがファンブル。1点を勝ち越された。さらに満塁から中犠飛で1点を追加された。

先発・ボルシンガーは、5回6安打5四球3失点で4敗目。「四球が多くなってしまったのはいただけないが、先発として最低限、接戦にもっていけていたし、何とか粘って投げることができたんじゃないかと思う」とコメントした。

守備の乱れがなければ違う展開もあったろう。

関連記事