奥川恭伸 20日ぶり投球「すごくうれしかった」

NPB(プロ野球) スポーツ ヤクルト 怪我 キャンプ情報

ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手が、宮崎・西都での二軍キャンプ3日目に20日ぶりの投球を行った。

奥川は、右肘の軽い炎症があったことから新人合同自主トレ中の1月16日からノースロー調整を続けていた。久々の投球となったこの日は、室内練習場でネットスローで38球。15メートルから少しずつ距離を伸ばして最後はマウンドからホームまでの距離(18.44メートル)を超える20メートルを投げた。

その後行われた12分間走では、途中まで競り合ったジュリアスを最後に引き離して1着と、身体能力の高さを見せつけた。練習終了後には「ずっと投げたかった」「投げることが出来てすごくうれしかった」と笑顔を見せた。

文・写真/BBNEWS編集部

◆奥川恭伸
背番号 11
カナ オクガワ・ヤスノブ
出身校 星稜
誕生日 2001年4月16日
年齢 18
血液型 O
身長 184
体重 82
所属履歴 星稜(甲)
キャリア 1年
投打 右右
ドラフト年度 19
ドラフト順位 1
公式戦初出場
年俸 1600万円
契約金 1億円
家族 独身

関連記事