奥川恭伸「怪我なく一年」ヤクルト首脳・選手の祈願④

NPB(プロ野球) スポーツ ヤクルト 特集企画・連載

明治神宮で恒例の必勝祈願を行ったヤクルト。選手たちは奉納した絵馬にどんな願いを込めたのか。

ドラフト1位の奥川恭伸は「怪我なく一年を過ごす」と願った。肘の炎症のためにキャンプ中はノースローで過ごしたが、すでに回復。ドラフト3球団競合の実力は折り紙付き。怪我なく過ごせば結果もついてくるだろう。

ドラフト2位吉田大喜は「優勝」と「初勝利」。即戦力の期待に応えられるか。

ドラフト6位の武岡龍世は「挑戦」。甲子園で名を馳せた遊撃手も、プロの世界ではチャレンジャーだ。

育成のジュリアスの願いは「支配下」。昨秋のアジアウインターリーグで最優秀投手賞を受賞した。飛躍の年にできるか。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事