失策王は?パ・リーグ一塁手編2020

NPB(プロ野球) 西武 オリックス 日ハム 特集企画・連載

やらかしたのは?失策王は誰だったのか、パ・リーグ一塁手編。

1 ロドリゲス (オ) 8
2 清宮 幸太郎 (日) 7
3 中田 翔 (日) 6
4 井上 晴哉 (ロ) 5
4 メヒア (西) 5
6 中村 晃 (ソ) 4
7 山川 穂高 (西) 2
7 T-岡田 (オ) 2
7 明石 健志 (ソ) 2
7 内田 靖人 (楽) 2


トップはオリックスのロドリゲス。難しい打球を追ってエラーが増えるというタイプではなく、平凡な打球処理でのミスが目立った。守備のミスを打撃で取り返す…というほどの打棒を見せることもできなかった。


2位は日本ハム・清宮。こちらも拙守が目立った。一塁手としての出場は63試合で7失策は多すぎる。日本ハムは中田も6失策で3位。2人で13失策は一塁手としては多すぎる。


前年キングの山川は2失策と激減したが、一塁手としての出場機会も大幅に減ってしまった。DHでの出場が増え、打撃も調子が上がらず。守備力を磨いて、打席でのリズムを取り戻したい。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事