大麻で捜査、原監督「大変ショック」

スポーツ エンタメ・話題 巨人 広島 事件事故・ゴシップ

東海大は17日、複数の硬式野球部員が寮内で大麻らしきものを使用したとして、部を無期限の活動停止にしたと明らかにした。神奈川県警が捜査中。OBの巨人・原監督は「詳しい状況は分かりませんが、本当であれば絶対にあってはいけないことです。母校でこのようなことが起き、大変ショックです」とコメントした。

・菅野智之「皿洗い100枚」東海大寮で大麻使用

9日午後に「部員が大麻を使用している」という電話があり、調査を行うとともに、平塚署に相談。通報では名前は挙げられていなかったが、16日の大学の調査に対し、部員が寮内の部屋での使用を認めた。

使用したのは「1ケタの複数人」。4人部屋を襖で仕切った2人用の居住スペースで、興味本位で用いたという。「常習」していた可能性が高いとの報道もある。県警は部員を任意で聴取し、16日に寮を家宅捜索した。部員は現在、指導者の監督の下、寮とは別の施設にいる。寮はグラウンドに併設されて2棟あり、部員128人のうち110人が生活している。

東海大は1964年に創部。大学日本一を決める全日本大学選手権で4回、首都大学野球では最多73回の優勝を誇る。巨人・原監督や菅野智之、広島・田中広輔ら多数のプロ野球選手を輩出している。


4年生3人がプロ志望届を提出。26日のドラフト会議では山崎伊織投手ら上位指名が予想される選手もいる。湘南キャンパスでは指名選手のオンラインでの記者会見も予定されている。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS編集部、東海大HPより

 

関連記事