大山の六番降格「四番に置くと力む」矢野監督

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 ヤクルト

◆阪神5-3ヤクルト◆
大山を六番に降格、四番にサンズを据えた阪神がヤクルトに快勝した。

1点を追う二回に大山と中野を除くスタメン7人の連打で一挙5点を挙げ、新打線が機能した。

一方、大山はこの回に1人で2度凡退するなど4打数0安打に終わった。

矢野監督は試合後、「悠輔(大山)にはこれからも頑張ってもらわないとダメですし、悠輔が上がってくるっていうのは優勝に向けて大きなところなんで。ただ、四番に置いておくとちょっと力むかなっていうのもあったし、何かしら気分転換とか悔しさとか、そういうのが外すことで出てきたらいいなというところで六番にしました」と降格の意図を説明した。

昨季は四番として本塁打、打点のタイトルを争ったが、今季は負傷もあってここまで打率.252、8本塁打、37打点と低迷。得点圏打率はリーグ最下位の.203だ。復調が待たれる。

文・写真/BBNEWS編集部

◆大山悠輔
背番号 3
カナ オオヤマ・ユウスケ
出身校 白鷗大
誕生日 1994年12月19日
年齢 26
血液型 O
身長 181
体重 89
所属履歴 つくば秀英―白鷗大
キャリア 5年
投打 右右
ドラフト年度 16
ドラフト順位 1
公式戦初出場 17年6月23日広島=マツダ
年俸 1億円
昨季年俸 4700万円
家族 独身

関連記事