外崎修汰「アップルキャッチ」【グラブ2021】

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 ギア・ファッション・車

西武・外崎修汰は今季、初めて二塁手としてゴールデングラブ賞を受賞した。

大リーグで使用者の多いウィルソンを愛用している。

実家は言わずと知れた青森県弘前市のリンゴ農家。昨季26本塁打を放ったが、今季は8発。パンチ力のある強打は影を潜める一方で、守備率.992をマークした。

二塁が本職だが、プロ入り後は外野や遊撃でも出場。浅村栄斗が楽天へFAで移籍したため、19年から二塁に固定された。4年連続で20盗塁以上を決めている。

日本代表「侍ジャパン」の稲葉監督は器用で攻守にスピードのある外崎を高く評価しており、登録人数の限られる東京五輪では貴重なピースとなる。

文・写真/BBNEWS編集部

◆外崎修汰
背番号 5
カナ トノサキ・シュウタ
出身校 富士大
誕生日 1992年12月20日
年齢 28
血液型 O
身長 177
体重 82
所属履歴 弘前実―富士大
キャリア 6年
投打 右右
ドラフト年度 14
ドラフト順位 3
公式戦初出場 15年7月8日オリックス=プリンス
年俸 1億4000万円
昨季年俸 7000万円
家族 既婚

関連記事