堀内氏、能見篤史を引退扱い「お疲れさまでした」…オリ調査

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神 オリックス ストーブリーグ コラム・読み物

来季の構想から外れ、今季限りでの退団が決まっている阪神・能見篤史は現役続行を望んでいる。巨人元監督で評論家の堀内恒夫氏は能見が引退すると勘違いしているようだ。

11日にブログを更新し、藤川球児と能見の思い出を綴った。監督時代に苦しめられたとした上で続けた。
「2人とも功労者だし
みんなの記憶に残るピッチャーだよね。

まだまだ投げられる
自分でそう思っていても
ある程度のところで辞めて
惜しまれて去るのも美学

ぐしゃぐしゃになるまでやる
これも美学

2人とも、前者だろうね」

「いい試合を観せてくれて
ありがとう!

長い間、お疲れさまでした」

確かに藤川は引退するが、能見は違う。オリックスが中継ぎとして調査している。

堀内氏は「能見くんと言えばまっすぐとコントロールが抜群だ」「特に右バッターへのインコースそして、フォークボール。腕の振りがいいピッチングが目に焼きついてるよ」とも書いたが、まだ目にする機会がなくなった訳ではない。

42歳となる来季も美しいフォームを見せてくれるだろうか。

文・写真/BBNEWS編集部

◆能見篤史
背番号 14
カナ ノウミ・アツシ
出身校 鳥取城北
誕生日 1979年5月28日
年齢 41
血液型 AB
身長 180
体重 74
所属履歴 鳥取城北-大阪ガス
キャリア 16年
投打 左左
ドラフト年度 04
ドラフト順位 自
公式戦初出場 05年4月3日ヤクルト=大阪ドーム
年俸 9500万円
昨季年俸 1億1000万円
タイトル (振)12
家族 既婚

関連記事