“執念采配”が裏目、崖っぷちの阪神・矢野監督「苦しい状況楽しむ」

阪神 巨人

◆巨人6-0阪神◆
矢野監督の“執念の采配”が、ことごとく裏目に出て巨人に完敗を喫した。これで阪神はアドバンテージを含めて0勝3敗、文字通りがけっぷちに追い込まれた。

この日の先発は「中2日」の高橋遥。初回に亀井、坂本勇の連打から、丸の遊ゴロであっさりと1点を先制された。

すると、矢野監督は三回の高橋の打席で早くも代打・上本を送り、高橋は2回1失点で降板した。だが、矢野監督が自信をもって送り出したガルシアは四回、無死二塁からゲレーロに2ランを被弾。続く五回には3番手・島本が亀井に二塁打、坂本勇に四球を許した直後にダブルスチールを決められ、丸の犠飛と岡本の適時打で2点を失った。

さらに八回には5番手・守屋が阿部の安打から味方の失策も絡んで1点を失った。自慢の中継ぎ陣が4番手・岩貞を除きことごとく失点、ダメージは大きい。

再び近本を一番に戻すなど組み替えた打線も、メルセデスに「今シーズン一」(原監督)の好投を許してしまった。7回までわずか3安打、6三振を喫し、2番手・大竹、3番手・デラロサにも無安打に封じられた。

矢野監督は試合後「先に点を取りたいというのはあった」「打線の奮起は必要」などとボヤきつつ、「オレは苦しい時こそ前を向いたり、苦しい状況をプロで楽しむっていうのはなかなか簡単なことじゃないんだけど、そう言ってずっとやってきた」と得意のフレーズで翌日に向けて気持ちを切り替えた。

関連記事