同点弾&猛打賞&美技、マルテが勝利のおぜん立て

巨人 阪神

◆阪神8-4巨人◆
阪神が高山の代打サヨナラ満塁本塁打で劇的な勝利を収め、2位に浮上した。勝利のおぜん立てをしたのは新外国人・マルテだ。

2点差を追う八回、福留を一塁に置いて打席に入った。マウンドには巨人の必勝リレーを担う沢村がいたが、その初球をフルスイングするとレフトポール際に。切れるかと思われた打球は逆にラインの内側に戻り、起死回生の同点2ランとなった。2試合連発の5号本塁打に「打ったのはストレート。ゾーンを決めて打つことができた。最高の気分」と振り返った。

オープン戦中盤に体調不良や右ふくらはぎの張りを訴えてチームから離脱。ゴールデンウィークに一軍に復帰するも、打率は2割前半にとどまり、相手投手によってはスタメン落ちすることも少なくなかった。しかし、この日は五回に反撃の口火となる左前打、十一回にも左前打を放ち、来日初の猛打賞を記録。守備でも一死三塁から阿部の打球を好捕して失点を防いだ。「一日一日100%で戦えばこういう結果が出ると思う。これからも全力でやっていきたい」と語ったマルテがこの調子を維持すれば、虎の勢いはさらに上昇しそうだ。

関連記事