吉田輝星、清宮幸太郎の一軍合流は?【キャンプ見どころ・日本ハム】

NPB(プロ野球) 日ハム 特集企画・連載 キャンプ情報

間もなくキャンプイン。各チームのキャンプの見どころを紹介する。

日本ハムは新装された名護市営球場(タピックスタジアム名護)で一・二次キャンプを過ごす。二軍キャンプ地と近く、メンバーの入れ替えが容易となる。

1.2年目の吉田輝星

昨季は一軍デビュー戦を飾ったものの、その1勝に終わった吉田輝星。昨年の秋季キャンプで右肘に違和感を訴えた影響で二軍からのスタートとなったが、1月の自主トレではすでにブルペンで140キロ台後半の速球を投げ込み、不安はなさそうだ。2月15日の紅白戦での登板を目標に仕上げ、一軍昇格を目指す。昨季は先発陣のコマ不足に泣いただけに、2年目の吉田の飛躍への期待は高い。

2.3年目の清宮幸太郎

昨季は負傷に泣かされ、7本塁打に終わった清宮幸太郎は「やっぱり本塁打。30本から40本は打ちたい」と高い目標を掲げる。昨秋に手術したため、吉田同様にキャンプは二軍スタートとなるが、問題が無ければ早期の一軍昇格もあるだろう。ただ、今季は王柏融や中田翔とポジションを争う立場。キャンプでは攻守ともにさらなるレベルアップが必要だ。

3.ビヤヌエバ

栗山監督が「今のファイターズが持つ課題にピンポイントで効力を発揮する」と期待する新助っ人は前巨人のビヤヌエバ。昨季弱点となった三塁の守りと長打力が期待される。昨季は助っ人枠の関係で出場機会が限られたが、今季は違う。本人も「来季も日本で野球を続けられる機会を得たことに感謝します」と“2年目の雪辱”に意欲満々だ。まずはキャンプでの動きに注目したい。

【一軍】(沖縄・タピックスタジアム名護、2月1~25日)

投手=斎藤佑樹、生田目翼、加藤貴之、有原航平、浦野博司、金子弌大、上原健太、ニック・マルティネス、井口和朋、堀瑞輝、西村天裕、△ドリュー・バーヘイゲン、秋吉亮、ブライアン・ロドリゲス、公文克彦、鈴木遼太郎、石川直也、玉井大翔、杉浦稔大(19人)

捕手=清水優心、宇佐見真吾、郡拓也(3人)

内野手=杉谷拳士、中田翔、中島卓也、渡邉諒、谷内亮太、石井一成、△クリスチャン・ビヤヌエバ、平沼翔太、横尾俊建、今井順之助(10人)

外野手=王柏融、大田泰示、西川遥輝、近藤健介、松本剛、万波中正(6人)

【二軍】(沖縄・かいぎんスタジアム国頭、2月1~21日)

投手=上沢直之、吉田輝星、宮西尚生、〇河野竜生、村田透、〇立野和明、柿木蓮、福田俊、田中瑛斗、〇鈴木健矢、宮台康平、吉川光夫、吉田侑樹、〇望月大希、北浦竜次、〇長谷川凌汰、高山優希(17人)

捕手=黒羽根利規、田宮裕涼、〇梅林優貴、石川亮(4人)

内野手=清宮幸太郎、野村佑希、〇上野響平、難波侑平、〇樋口龍之介、高濱祐仁(6人)

外野手=谷口雄也、淺間大基、白村明弘、姫野優也、〇片岡奨人、〇宮田輝星、海老原一佳(7人)

〇=新人、△=移籍

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事