吉田大成が先頭打者弾含む3安打5打点【アジアWL】

ニュース

台湾で行われている2019アジアウインターベースボールリーグのNPBレッド対台湾プロ野球連合戦が8日行われ、8-6でNPBレッドが逆転勝ちした。

NPBレッドは初回にヤクルト吉田大成の先頭打者ホームランで先制、二回にはオリックス廣澤伸哉、吉田、西武・山野辺翔の適時打で4点を追加、序盤に大量リードを奪った。4点リードで迎えた六回に登板したソフトバンク重田倫明と楽天・引地秀一郎が捕まり一挙5失点で逆転を許したが、その裏にすかさず吉田が2点適時二塁打で再逆転した。

吉田大成は5打数3安打5打点の大当たり。NPBレッドは7勝3敗2分として首位に並んだ。

関連記事