“史上最高年俸”の広島ドラ1森下「しっかり試合作る」

広島

広島がドラフト1位指名した明大・森下暢仁投手と契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円で仮契約した。年俸1600万円は新人としては過去最高。森下は「先発としてしっかり試合を作る」と抱負を語った。

年俸の上限額が従来の1500万円から改訂された。森下が新制度適用の一番乗りを果たした。

【森下投手コメント】
仮契約を終えて、これからカープで頑張っていきたいなと思いました。先発投手としてしっかりゲームを作ることと、フィールディングをアピールしていきたいです。将来は、球界を代表する選手になりたいです。
最近のカープは勝っていて強いチームというイメージがります。またファンの方が熱狂的で、チームとファンが近いイメージがあります。これから皆さんの期待に応えられるように、頑張ります。

関連記事