台湾選出「イケメン野球選手10人」陽岱鋼、大谷翔平ら日本から4人

プロ野球 スポーツ 話題・エンタメ 巨人 日ハム 台湾 大リーグ

台湾メディア・動誌が選んだ「イケメン野球選手ベスト10」に、日本絡みの選手が4人も入った。

10位に入ったのは巨人・陽岱鋼。「國民男神」と紹介されている。

8位には日本ハムの高山優希。台湾でも「大王の同僚のイケメン」として度々紹介され、ファンが多い。

6位に入ったのはエンゼルスの大谷。キャッチコピーは「稚嫩男孩」。若くか弱い男性という意味だ。「最強二刀流」に失礼な気もするが「普段はか弱い印象を与えるが、足長の高身長でスーツを着たらとてもかっこいい」と紹介されている。

そして4位に入ったのが「混血男神」ダルビッシュ。「球界のイケメンを語るのに、ダルビッシュに触れないわけにはいかない」だそうだ。

それ以外の選手たちも紹介しよう。

9位は台湾・統一ライオンズの蘇智傑。

7位は台湾・楽天モンキーズの陳晨威。

5位は米ブレーブスのコール・ハメルズ。キャッチコピーは「熟男誘惑」だ。

3位は統一ライオンズの陳傑憲。歌手・俳優のニッキー・ウー(呉奇隆)に似ていると評判で、台湾では絶大な人気だ。

2位は元ブルワーズの王維中。キャッチコピーは「自拍(自撮り)男神」。

1位に輝いたのは米カブスのクリス・ブライアント。キャッチコピーは「世界的老公(世界の夫)」だ。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS、動誌より

関連記事