台湾大王が昇り調子!王柏融5の5

オリックス 日ハム

◆オリックス5-8日本ハム◆
日本ハムが4本塁打が飛び交う試合を制したが、台湾の大王こと王柏融が5打数5安打と調子を上げてきた。

王は右安、中安、左安と打ち分けると、右安、右二塁打を重ね、来日後最多の5安打。打率も3割を超えてきた。

台湾でプレーし、コーチ経験もある元西武の石井丈裕氏は「台湾は不器用な選手が多いが、王は柔らかい」と分析する。日本の投手に慣れてきたこともあるだろう。

本塁打こそ1本にとどまるが、侍ジャパンとの試合で則本から本塁打を打ったこともある。打率が上がれば、本塁打も増えてくるだろう。台湾で2度も4割を打ったバットマンの、交流戦での活躍に期待がかかる。

関連記事