台湾・中信兄弟の新助っ人候補に元NPB左腕5人

ソフトバンク DeNA ロッテ 広島 ヤクルト

台湾プロ野球・中信兄弟の劉志威オーナーが、新助っ人候補として昨季日本で活躍した左腕5人の名前を挙げた。

1人目はソフトバンクで投げたミランダ。昨季は年俸1億5000万円で7勝5敗、防御率4.19の成績を残した。

2人目はヤクルト・ハフ。7150万円で68試合に登板、防御率3.97でブルペンを支えた。

3人目はロッテ・ブランドン。2160万円で14試合に登板、防御率は3.94。

4人目は広島・レグナルト。4400万円で52試合に登板、防御率は3.34だった。

そして5人目はDeNAに途中加入したソリス。3300万円で4試合に登板、防御率2.08だった。

中信はこの中から一人を選んで契約する方針だという。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事