台湾プロ野球、二軍戦も観客入場

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ CPBL(台湾プロ野球)

台湾プロ野球(CPBL)は、23日から二軍戦も200人を上限に入場を解禁する。

19日の発表によると、二軍戦は食べ物の持ち込み禁止で弁当の販売もない。入場する場合はネット上で前日18時までに登録、球場で本人確認を行う。事前申し込みが200人に満たない場合は、当日に現場での登録も認めるという。

現在、一軍戦は上限が2000人となっているが、これまで満席には届いていない。二軍戦にどれだけ観衆が集まるかは不透明だ。

文/BBNEWS編集部 写真/CPBLサイトより

関連記事