原監督執念の采配で巨人が接戦を制して7・5差に

巨人 阪神

◆阪神3-4巨人◆
巨人・原監督が執念の采配で2位・阪神を破り、ゲーム差を再び7・5に広げ、独走態勢に入った。

この日は先発・菅野を立てながらも七回を終えて同点の阪神ペース。そして迎えた八回の攻撃で原監督が動いた。一死から岡本が中前打で出塁すると、代走・増田大輝を送る。この増田が起用に応えてけん制悪送球で二塁に進塁、すかさず三盗で一死三塁とし、陽岱鋼の三遊間の当たりを植田がはじいた当たり(記録は左前打)で生還した。

阪神の1番から始まるその裏の守りでは、抑えの中川を前倒しで登板させてゼロ封。九回のマウンドにはマシソンを送った。マシソンが二死二塁とピンチを背負うと、原監督自らマウンドへ足を運び、激励。逃げ切り勝ちにつなげた。マシソンはこの場面について「監督のオーラというか、選手の力を最大限に引き出す力を持っているので、そういう意味ではすごく助けになりました」と感謝した。

原監督は「ランナーを代えるべきかというのはあったんですけど、まさか一死三塁のシチュエーションをつくってくれるとは。見事なピンチランナーですね」と増田を褒めたたえた。

一方、阪神は矢野監督が同様に七回裏にマルテに代走植田を送り、植田が同点ホームを踏んだものの、八回裏二死二、三塁でマルテの打順に回るという巡りあわせに。代打上本がセンターに打ち返すも丸の好捕で追加点ならず。結果的には早仕掛けが裏目に出てしまった。