原監督「動」の采配で通算1000勝、巨人では3人目

巨人 広島

◆巨人8-5広島◆
原監督が監督通算1000勝を挙げた。13人目。巨人の監督では3人目。

1000勝へーー。7-5の八回裏、原監督が3人連続で代打を送った。亀井、岡本の連打で一、二塁となると、まずはゲレーロに代えて重信。

原監督は重信に声をかけてから送り出した。犠打と思われたが、島内の暴投で二、三塁となり、ヒッティング。重信はきっちり犠飛を放った。

続いて、小林に代えて大城を送り、大城は三振。さらに中川の代打に阿部がネクストバッティングサークルに控えていたが、田中にスイッチ。田中は一ゴロに倒れた。

28日の勝利後、「(1000勝は)頭の中に全くないですね。あすのジャイアンツの一勝が一番良いですね」と話していたが、「和と動」という今季のスローガンにある「動」の姿勢で、一勝への執念を感じさせた。

関連記事
【すでに長嶋茂雄名誉監督を凌駕?原監督が止まらない】

関連記事