原監督「勇気の奇策 」ボーア特大ファウル直後に継投、カウント1-2

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神 原語(ハラゴ)

◆阪神2-3巨人◆
巨人・原監督が、「投手・増田大」に続く奇策を繰り出し、阪神の追撃をかわした。

3点リードの七回裏、二死一、三塁で打席にボーア。3番手・大竹が3球目を一塁側に特大ファウルされた直後にベンチを飛び出し、カウント1ボール2ストライクから投手交代を告げた。

登板した大江はフルカウントから三塁への内野安打を許して1点を失ったが、次の梅野を三振に斬って阪神の反撃を最少失点でしのいだ。

原監督は試合後、この場面を「7回が勝負イニングと思いました。大竹をというのもあったんですけれども、確率のいい継投をしようというと高梨からいって、大竹がそれをカバーし、2ストライクあるいは2ストライク1ボールならば大江と言っていた。私も勇気は要りましたけども、宮本コーチと有言実行したというところですね」と振り返った。

最終回に糸原の本塁打で1点差には迫られたが、終わってみれば甲子園のスタンドが最も盛り上がったのはこの七回。独走を続ける巨人だが、原監督の勝負勘は冴える一方だ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事