原監督「今日は用兵ミス」采配裏目で6点リード失う

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神

◆阪神6-6巨人◆
巨人が阪神のお株を奪うような守りのミスを連発し、0-6から引き分けに持ち込まれた。

初回に吉川の適時打、中島の2ランで3点を先制。五回には岡本の3ランで6点差とした。


一方的な展開の余裕からか、六回の守りから坂本を交代させたが、これが裏目に出る。先頭・中野のセンターへの当たりを丸が背走して追いついたものの、グラブに当てて落球。三塁打とすると、次のサンズの平凡な遊ゴロを坂本と代わったばかりの若林がファンブル。1点を失い、なおも無死一塁となった。2四球などで一死満塁としてから原口の適時打、梅野のニゴロ併殺崩れ、ロハスの適時打で2点差に迫られた。

七回には遊撃を広岡に替えたが、無死一塁からマルテの遊ゴロを二塁に悪送球。二死無走者となるところが、無死一、三塁にピンチを広げ、糸井の同点適時打につながった。

原監督は試合後、自身の采配を反省した。
「今日は私自身の用兵のミスというかね。そういうものがこういう同点になったのかなというのは深く反省しますね」

坂本の交代については「連戦続きで彼が出っぱなしだった」と説明。「いつも通りの戦い方ではあるけれども、結果的には勇人のカバーができなかった。そこを読みきれなかった」

痛い失策を重ねた若林、広岡には「いい糧としてくれればいいことです。幸いという部分では、負けが付かなかったというね。最後の場面でも彼らを引っ込めることもできたけど、あえてしなかったのは、今後更に厳しい勝負が待っているわけだから」と話した。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事