原監督「こじ開けないと」打線沈黙で8.5差に

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 ヤクルト

◆ヤクルト1-0巨人◆
巨人は首位・ヤクルトにサヨナラ負けして3連敗。ゲーム差は「8.5」に広がった。2位・阪神とは「6.5」。巨人は先発したエース菅野が六回まで無安打無得点。2四死球による走者を許しただけだったが、七回に緊急降板した。試合後、チームは「右手親指の痙攣」と降板理由を発表した。

ヤクルトは8日の阪神戦に勝てばマジック「11」、引き分けても「12」が点灯する。巨人の終戦が近づき、原監督も威勢がよくない。

「そうですね。いいピッチングでしたね」と菅野を評価した上で、打線に注文をつけた。
「何とか打線がね。こじ開けないとね。勝てませんね」
「先発メンバーはね。やっぱり躍動することですよね」
「クリーンアップももちろんですけど。ウチの中心バッターだからね。そこの3、4、5番っていうのは」

打線は4試合連続二桁三振。この日、七回は今野に3三振、八回は清水に2三振。九回はマクガフに1三振だったが、勝ちパターンの速球派のリリーフを打てないのは昨年の日本シリーズから変わっていない。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事