原監督、奇策でピンチしのぐ「問題はない」

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神

◆阪神1-2巨人◆
七回、巨人・原監督が、北條の打席の途中で投手を交代する奇策で阪神の反撃を封じた。

1点リードの七回二死一、二塁で代打・北條への3球目に高梨が暴投。二、三塁となり4球目がストライクとなってカウント2-2となったところで原監督が桑田コーチとともに球審に投手交代が可能かを確認、球場内がざわつく中で審判団が協議した上でGOサインが出し、原監督が再びベンチを出て鍵谷にスイッチした。

この場面、前の打者・近本に死球を与えた後に一度桑田コーチがマウンドに行っているため、同一打者では本来投手交代できないルール。だが、桑田コーチは代打・北條が告げられる前にマウンドに行っていたため、「同一打者ではない」と交代が認められた。

鍵谷は北條を1球で空振り三振に仕留める見事な火消し。原監督は試合後、「鍵谷がよく抑えてくれたというところ」とこの場面を振り返り、審判とのやり取りについては「そう(確認)ですね。まあ問題はないと思いますね」と説明した。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事