勝負所で2失策…日本ハムが痛恨の逆転負け

ソフトバンク 日ハム

◆ソフトバンク8-4日本ハム◆
エース同士の対決となった首位攻防3連戦で、日本ハムが守備のミスから逆転負けを喫した。

1点リードで迎えた七回一死二塁で甲斐の打球はセンターへのフライに。背走した西川が捕球した後に落球し、2点が入ってソフトバンクが5-4と逆転。犠飛と西川のエラーが記録された。

有原はここで降板し、石川直がマウンドへ。続く明石は一塁へのゴロを放ったが、清宮が後逸。二走・甲斐が生還し、6-4となった。

ミスはさらに続いた。八回は杉谷の負傷交代により、左翼から三塁に回った近藤の失策から走者を出し、ダメ押しの2点を献上した。

中8日、万全を期して臨んだ有原は五回までわずか2安打で無失点。六回までも3失点。「大事な試合で投げさせてもらったのに、勝てなかったのは情けない。チームが勝てなかったのが悔しい」とコメントしたが、守備がエースの足を引っ張った。

関連記事