勝負を賭けた巨人が広島の連勝止める

巨人 広島

◆巨人5-4広島◆
巨人が26日、競り勝って広島の連勝を11で止め、広島戦の連敗も5で止めた。 接戦を何とかモノにしたが、救援陣の不安定さをまたもや露呈した。

昨季も7勝17敗1分と大苦戦した広島に、今季も3勝6敗1分け。負ければ4ゲーム差となり、諦めムードすら出かねない一戦。首脳陣がこの試合に賭ける思いが見えた。今季初めて一番に亀井を置き、打力のある大城は公式戦で初めてとなる一塁でスタメン起用。2人が爆発することはなかったが、岡本が3点本塁打、ゲレーロ がソロ本塁打を放ち、先発山口は6回1失点。救援陣が盤石ではない中で、3点をリードして終盤へ突入した。

七回にアダメス、戸根、田原がピリッとせずに3点を追いつかれたが、八回に登板した沢村が三者凡退。その裏に満塁から浅い犠飛で岡本が本塁を陥れて何とか勝ち越し、九回を中川が締めた。

この白星で、今季の1点差試合は3勝4敗。これまでの2勝は、菅野の完投と、九回に野上が2失点して追い上げられた試合。最終回を1点リードして逃げ切るのは初めてだ。原監督は「まだ大きなことは言えないけど、今日一つ1点差で勝てたということはね、どこかプラスにしていきたいですね」と話した。

今季初勝利の沢村、セーブを挙げた中川は安定しており、八、九回は固まりつつある。問題はその他の救援陣だ。この日のアダメス、戸根、田原に加え、登板しなかった桜井や高木、田口も心許ない。二軍で実戦に復帰したマシソンか、新戦力か。勝ちパターンの継投を整備したい。

関連記事