初勝利の阪神・矢野監督、鳥谷三塁打に「本当に気持ちを感じる一打だったので・・・」

阪神 ヤクルト

監督としての初陣を勝利で飾った阪神・矢野監督は試合後、強力ヤクルト打線を1点に抑えたバッテリーの踏ん張りを勝因に挙げた。
一問一答は以下の通り。

――劇的な結末だった
「ちょっと想像しない勝ち方でしたけど何でもいいです。勝てたのでうれしいです。ありがとうございます」
――率直に今の気持ちを
「ずっと手に汗握りながら、緊張しながら見てましたけど、本当にピッチャー陣がまずよく頑張って、またりゅう(梅野)もね、(一回表無死一、二塁から山田の中前打で本塁に突入した二走坂口をアウトにした)タッチプレーもそうだし今日はリードもね、すごく冴えてましたので。まずバッテリーがすごく頑張ってくれました」
――先発メッセンジャーは
「立ち上がりはボンボンランナー出てというところでしたけど、梅野がね、あのタッチプレーで頑張ってくれたおかげで落ち着けたと思いますし、本当に気持ちあふれたプレーを見せてくれたのでチームの流れを作ることができました。ナイスピッチングでした」
――中継ぎ陣も見事だった
「今シーズン初登板ということで、みんなすごい緊張感のある中での場面だったので、それぞれすごく大変だったと思うけど、本当に気持ちを前面に出して投げてくれてる姿が熱くなるというか、うれしかったですね」
――打つ方ではルーキーの2人でツーアウトから点を取った
「ヒットにはならなかったですけどね、(木浪)聖也のは。近本がああいう形で点が取れたというのは相手に与えたダメージも大きかったと思いますし、いい点でした」
――そして鳥谷の一打からのサヨナラ
「何回も準備させてたんで、もう準備疲れするんじゃないかと。後ろで『トリ悪い、準備疲れしとるんちゃうか?』って言ったら、ニコッとして。最後、先頭はトリで行くと決めてたんで。本当に気持ちを感じる一打だったんで、ベンチの前まで出てしまいました」
――初戦勝利、ファンにメッセージを
「点をたくさん取って勝てるというのが一番いいんでしょうけど、うちの今年はこういう試合をもぎ取っていくという試合が大事なポイントになってくると思うので、そういう意味では本当にみんなで勝ち取ったゲームだと思うので、こういう試合をこれからもたくさんやっていきます。応援お願いします」

関連記事