冷蔵庫殴り骨折のパットン、手術のため米へ帰国

エンタメ・話題 DeNA 怪我・体調不良

降板後に冷蔵庫を3発殴り骨折したDeNA・パットンが、整復手術を受けるために7日、米国へ帰国した。来週中に再来日する予定。球団の処分はその後、通達される。

パットンは右手の「第5中手手根関節脱臼骨折」との診断で、右手小指側の手首に近い骨が折れていた。全治は公表されていないが、シーズン中の復帰は絶望的という。

パットンは4日に球団を通じて「首位を争うチームの士気を下げてしまうことになり、すごく申し訳なく思います。もう一度信頼してもらえるよう最善の努力をしたい」とコメントしていた。

関連記事