再獲得の高城を歓迎したDeNAラミレス監督、矛盾を指摘される

話題・エンタメ DeNA ストーブリーグ

オリックスを戦力外となった髙城俊人捕手を再獲得したDeNAのラミレス監督がインスタグラムで歓迎したが、放出した過去との矛盾を指摘されている。

View this post on Instagram

Takajo Welcome Back! Issho ni ganbarimasho!!

A post shared by Alex Ramirez (@ramichan3) on

高城は2季ぶりのDeNA復帰。ラミレス監督は「おかえり、一緒に頑張ろう」などと投稿。これに対し、「オリックスに放出したのはあなただよね」といったコメントが。

高城は2018年7月9日に、赤間謙・伊藤光との交換トレードで、白崎浩之と共にオリックス・バファローズへ移籍した。

フロント主導の放出だった可能性もあるが、ともあれ現役続行が決まった高城の活躍を期待したい。