元近鉄エルビラ氏が銃撃で死亡、2000年にノーヒットノーラン

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ

2000年から2年間近鉄でプレーし、NPBで20世紀最後のノーヒットノーランを記録したナルシソ・エルビラ氏が、メキシコで銃撃され死亡した。

現地報道によると、エルビラ氏はベラクルス州のメデジン市で息子(20)とともに武装勢力の銃撃を受け死亡した。現在、現地警察が捜査している。

エルビラ氏は2000年に近鉄に入団、同年6月の西武戦でノーヒットノーランを達成した。2年間で7勝8敗、防御率4.79の記録を残した。

その後は韓国、メキシコなどでプレーし、引退後はメデジンに住んでいたという。

文/BBNEWS編集部 写真/LMP公式Twitterより