元木コーチは回したけれど…巨人、痛恨ミス重なり敗戦

巨人 中日

◆巨人3-4中日◆
1点差だっただけに、悔やまれる。巨人が走塁と守備でミスを犯し、敗れた。

守っては、五回の裏に1点差に迫った直後の六回。先頭・阿部の三遊間へのゴロを坂本が悪送球し、阿部は二塁へ。

内野ゴロと四球で一死一、三塁となり、堂上の三ゴロを岡本が本塁へ送球するが間に合わず、セーフの判定。原監督がリクエストするも判定は変わらず、野選となって1-3に。

走っては七回、先頭・ゲレーロが二塁打で出て、続く若林が右前打。捕手・大野奨が弾く間にゲレーロは果敢に本塁を狙ったがタッチアウトになった。

三塁の元木コーチも腕を回していたため、暴走とまでは言えないが、スタートが悪い。

巨人が目指すのは日本一。CS、日本シリーズを見据えるならば、こうしたミスは減らしていきたい。

関連記事