元中日のチェンが米残留を明言「日本復帰を拒否するわけではないが…」

NPB(プロ野球) 中日

台湾メディア・自由時報によると、米マーリンズから戦力外となったチェン・ウェイン投手が27日、台湾で記者会見を開き、来季は米国に留まってメジャー復帰を目指す考えを改めて示した。

チェンは「日本への復帰を完全に拒否するわけではないが、自分を証明することの方がより重要」と述べ、まだメジャーで投げる力があることを示す機会を探る考えを示した。

チェンは古巣の中日に対しては「私がプロ入りした球団なだけに、安易に行くとは言いにくい。古いチームメイトと一緒に野球を楽しむような感覚だろう」と思いを述べ、「今重要なのは、自分を証明することだ」と米国に留まる決意を繰り返した。

ただ、チェンは「来年は重要な一年」と強調している。日本球界への復帰について「考えないわけではない」とも語っており、再来年以降の将来の日本球界復帰には含みを持たせた。

関連記事