侍ジャパン、韓国戦タイに【戦績一覧】

ニュース 侍ジャパン 東京五輪

◆日本5-2韓国(準決勝)
日本代表「侍ジャパン」は4日、準決勝で韓国を下して、決勝進出を決めた。2位以上は、銀メダルを獲得した1996年アトランタ五輪以来、25年ぶり。五輪での韓国戦勝利もアトランタ五輪の予選リーグ以来。金メダルを獲得すれば、1984年のロサンゼルス五輪以来、36年ぶり。

韓国との対戦は19年のプレミア12以来。日本が決勝で韓国を下して優勝した。4日の勝利で、プロも参加するフル代表の対戦成績はここまで日本が10勝、韓国が10勝となった。

決勝は7日に行われ、5日の韓国-米国の勝者と対戦する。

【日韓対戦一覧】( )内は日本の監督
1999年アジア野球選手権大会(大田垣耕造)
決勝 日本3-5韓国〇

2000年シドニー五輪(大田垣耕造)
予選リーグ 日本6-7韓国〇
3位決定戦 日本1-3韓国〇

2003年アジア野球選手権大会(長嶋茂雄)
決勝リーグ 〇日本2-0韓国

2006年WBC(王貞治)
第一ラウンド 日本2-3韓国〇
第二ラウンド 日本1-2韓国〇
準決勝 〇日本6-0韓国

2007年アジア野球選手権大会(星野仙一)
決勝リーグ 〇日本4-3韓国

2008年北京五輪(星野仙一)
予選リーグ 日本3-5韓国〇
準決勝 日本2-6韓国〇

2009年WBC(原辰徳)
第一ラウンド 〇日本14-2韓国
第一ラウンド・1位決定戦 日本0-1韓国〇
第二ラウンド 日本1-4韓国〇
第二ラウンド・1位決定戦 〇日本6-2韓国
決勝 〇日本5-3韓国

2015年プレミア12(小久保裕紀)
第一ラウンド 〇日本5-0韓国
準決勝 日本3-4韓国〇

2019年プレミア12(稲葉篤紀)
スーパーラウンド 〇日本10-8韓国
決勝 〇日本5-3韓国

2021年東京五輪(稲葉篤紀)
準決勝 〇日本5-2韓国

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事