佐々木朗希、決勝「登板回避」のワケ 大船渡監督語る

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 ロッテ

ロッテのドラフト1位で最速163キロの佐々木朗希は甲子園に出場出来なかった。大船渡高は1年前、岩手県大会決勝で花巻東に敗れた。佐々木は故障リスクを理由に出場せず、最後の夏を終えた。物議を醸した登板回避について、國保監督が週刊誌に明かしている。

監督は前日の準決勝で129球を投げた佐々木を登板させず、打者としても出場させなかった。学校には苦情の電話が殺到した。「壊しちゃいけないプレッシャーがあった」「才能は世界の野球を変えるかもしれない。壊さずに次のステージへつなげなければならない」と述べている。

登板させないことは、誰にも相談せず決勝の当日に決めた。「歩き方を含めた様子を見て、3年間で一番ケガのリスクがある」「球が速いので肩や肘だけでなく、身体のどこに故障が出てもおかしくない」。

打者として起用しなかったのは、「疲れている佐々木より野手の方が振れる。勝つ可能性がある」と判断したから。決断が正しかったのか、今も毎日のように逡巡しているという。

高校卒業時には、まだ成長していることを示す成分が血液検査で見つかった。成長期に160キロを投げる負担を考えると、まだ身体作りをする段階ですらない。身体作りが出来る状態になるのを待つべきと國保監督は考える。


佐々木はロッテで一軍に帯同し、吉井コーチの指導を受けている。将来性は豊かだが、身体が出来上がっていない。163キロ右腕の将来を考え、大事に育てる方針だ。疲労の蓄積を理由に、二軍戦の初登板も先延ばしにされている。

登板回避の決断は正しかったのか。國保監督は言う。「答えは見つからない」

文・写真/BBNEWS編集部

◆佐々木朗希
背番号 17
カナ ササキ・ロウキ
出身校 大船渡
誕生日 2001年11月3日
年齢 18
血液型 O
身長 190
体重 85
所属履歴 大船渡
キャリア 1年
投打 右右
ドラフト年度 19
ドラフト順位 1
年俸 1600万円
契約金 1億円
家族 独身

関連記事