伊藤光、ミットの秘密 型付けのコツも

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 DeNA ギア・ファッション・車

DeNA伊藤光はおうち時間を利用して、今季から使用するハタケヤマのキャッチャーミットを「育てている」そうだ。インスタグラムで改良した点を明かした。

捕球時にボールが当たる部分にクッションが付いており、指へのダメージを減らす上に、捕球にもメリットがあるという。

「年を追うごとに左人差し指が血行障害で特に寒い時期はめちゃくちゃ痛くなるようになった事もあり、このクッションをつけてもらうようになったんですが、ボールの衝撃の軽減になるし捕るポイントのイメージがしやすくなり僕にとってはプラスに働いてます⚾」

指が痛くなる人にも、クッションの装着を勧めている。
「そんなに感覚が変わる感じはないので、同じ思いをしてる方にはオススメかなと思いました🙌」

View this post on Instagram

家でゆっくりしている時間は、次期エース候補(新しいミット)を育てているんですが、1つ改良していったポイントを紹介です😎 年を追うごとに左人差し指が血行障害で特に寒い時期はめちゃくちゃ痛くなるようになった事もあり、このクッションをつけてもらうようになったんですが、ボールの衝撃の軽減になるし捕るポイントのイメージがしやすくなり僕にとってはプラスに働いてます⚾ そんなに感覚が変わる感じはないので、同じ思いをしてる方にはオススメかなと思いました🙌 こちらから以上です💁‍♂️ #ハタケヤマ #キャッチャーミット

A post shared by 伊藤 光 (@hikaruitoh29) on

4月末には型付けのポイントも披露している。

View this post on Instagram

キャッチャーミットの型付けについての質問が多めなので、捕球面の写真撮ってみました‼️ 1枚目 人差し指の付け根にポケットを作っていて、親指と人差し指を使うタイプなのでここを中心にしてます👆 2枚目 ここに入ってきた勢いを利用して、ボールを自分に向けるようなイメージで手首を返します。 低めは下から引き上げる、高めは上から被せるイメージで、両サイドは1塁側は外からゾーンに引っ張ってくる、3塁側はゾーンに押しこむイメージです👍 掴むというよりは、ボールの勢いを利用して手首を自分の方にボールを見せてあげるようなイメージで捕ってます⚾️ その方が楽で、ミットもしっかり止めれると思います👌 ※人それぞれの感覚や考え方があるので、必ずこれが合ってるということではないです🙌 こちらから以上です💁‍♂️ #キャッチャーミット #イメージ #ハタケヤマ

A post shared by 伊藤 光 (@hikaruitoh29) on

セ・リーグを代表する捕手の、貴重なアドバイスだ。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS・instagramより

◆伊藤光
背番号 29
カナ イトウ・ヒカル
出身校 明徳義塾
誕生日 1989年4月23日
年齢 31
血液型 B
身長 180
体重 83
所属履歴 明徳義塾―オリックス
キャリア 13年
投打 右右
ドラフト年度 07
ドラフト順位 3(高)
公式戦初出場 08年9月13日日本ハム=札幌ドーム
年俸 1億1000万円
昨季年俸 5500万円
タイトル (ベ)14(ゴ)14
家族 既婚

関連記事