代走周東、内川バント、代打長谷川に代打…工藤采配冴えて七回一挙4点

巨人 ソフトバンク

◆ソフトバンク7-2巨人◆
ソフトバンクが2点リードの七回に4点を加え、試合を決めた。工藤監督が次々に繰り出した勝負手が活きた。

山口に6回8三振とてこずったが、代わったマシソンを攻めた。先頭・松田が二塁打で出ると、代走に周東を送り、内川が犠打。甲斐に代打・長谷川を起用したが、左腕の田口にスイッチすると、右の川島を送った。

川島はストレートの四球を選んで一、三塁となり、盗塁で二、三塁に。牧原の2点適時打、今宮の安打、柳田の適時打、代打・福田の二ゴロで4点を追加した。

短期決戦で思い切りの良い采配を見せた工藤監督。クライマックスシリーズに続いて、冴えている。

関連記事