今季最多8636人入場 チュンチュンも“完全武装”

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 CPBL(台湾プロ野球)

26日に行われた台湾プロ野球(CPBL)中信ブラザーズ-富邦ガーディアンズ戦は、観客8636人が入場。今季最多を更新した。

台湾は25日から端午節の連休中。加えて、中信はスタンドに放水、観客も水鉄砲持参の「涼水季」イベントを開催しており、大観衆が押し寄せた。

中信のチアチーム「Passion Sisters」の我らがチュンチュンも涼水季を楽しんでいる。

写真2枚目以降に水鉄砲にゴーグルの完全武装姿が出てくるが、やはりかわいい。

CPBLは前期も終盤を迎えているが、26日終了時点で楽天モンキーズが26勝18敗で首位。これを中信が27勝19敗のゲーム差0で追っている。激しい優勝争いの展開もファンの足を球場に向ける要因となっている。

文/BBNEWS編集部 写真/CPBLTVより

関連記事