今季のスローガン ソフトバンク編

プロ野球 スポーツ ソフトバンク 企画・連載

いざ開幕。12球団のスローガンから今季を読む。

ソフトバンクは「S15(サァイコー!)」。

ダイエーからソフトバンクに変わって15年。「さぁS、行こう15! チームも選手もファンもサイコーS15な2020シーズンへ!
Speedで行こう15! Strongで行こう15! Specialで行こう15!
SoftBank HAWKS 日本一1へゴー5!
SoftBank HAWKS 15周年、進化Sしてイコー15!
2020年の福岡ソフトバンクホークス、「S15サァイコー!」で行こう!」

文字にすると賑やかだが、様々な意味を込めたそうだ。

柳田が本塁打を放った後にサイコー、というパフォーマンスをするが、キーマンの1人だろう。

昨季は故障に苦しみ、38試合の出場にとどまった。今季は二番に座り3本塁打。復調ムードが漂う


そしてバレンティン。デスパイネとグラシアルが故障やコロナウイルス感染拡大により来日出来ない中、柳田と共に鍵を握る。

打線は猫の目、日替わりだが、2人のパフォーマンスが上がれば3年ぶりのリーグ優勝と4年連続の日本一を達成し、「最高」のシーズンとなるだろう。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事