五輪メキシコ代表にレアード、薬物メネセスら

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 オリックス ロッテ 広島 侍ジャパン

東京五輪に出場するメキシコ代表メンバー24人が選ばれた。16年のパ・リーグ本塁打王、ロッテのブランドン・レアード内野手(33)が名を連ねた。現地メディアが報じている。

レアードは今季16発で、NPB通算185本塁打。出場するかは周囲と相談して決めるという。メキシコは世界ランク5位で、1位の日本、7位のドミニカ共和国と同じA組。日本は28日の初戦にドミニカと、31日にメキシコと対戦する。


元阪神のナバーロ内野手、元広島のペーニャ内野手もメンバー入り。元オリックスのメネセス内野手は19年4月にドーピング検査で陽性となった。筋肉増強作用がある禁止薬物を使用した。6月に1年間の公式戦出場停止処分が出され、球団から契約を解除された。

大リーグ経験者では通算317発で14年の打点王エイドリアン・ゴンザレス内野手、696試合登板のオリバー・ペレスらが選ばれた。

文・写真/BBNEWS編集部

◆レアード
背番号 54
フルネーム ブランドン・レアード
出身校 サイプレス大
誕生日 1987年9月11日
年齢 33
身長 185
体重 98
所属履歴 サイプレス大―ヤンキース―アストロズ―ロイヤルズ傘下―ナショナルズ3A―日本ハム
キャリア 7年
投打 右右
公式戦初出場 15年3月27日楽天=札幌ドーム
年俸 2億4200万円
昨季年俸 2億4200万円
タイトル (本)16(ベ)16
家族 既婚

関連記事