二番・筒香の代償?今永がロメロの剛球を凡打直後に4失点

DeNA 中日

◆DeNA3-7中日◆
DeNAのエース・今永が五回に乱れて4失点、中日に敗れて同率2位に並んだ。

この日は「いつもの今永ではなかった」(ラミレス監督)と本調子を欠いていたが、悪いながらも四回までは1点でしのいできた。

1-1の同点で迎えた四回裏、二死二塁のチャンスで打席に立った今永は、バットを短く持ってロメロの剛速球に食らいついた。152~153キロの直球を3球ファウルした後、最後は155キロに詰まった遊ゴロに倒れてチェンジとなった。

直後にマウンドに登った今永は、それまでよりも制球が微妙に悪化、一死一塁から大島に死球を与えてしまう。続くアルモンテには適時二塁打を許し、敬遠を挟んで味方の失策、京田の適時打で計4失点。5回7安打3四死球5失点(自責3)でマウンドを降りた。

今永は「チームの勢いを止めるような投球をしてしまい、申し訳ない」とうなだれた。

この試合のDeNAは、八番に投手、九番・大和というオーダー。二番の筒香の前にランナーを貯めることを目的とするオーダーで、前日から採用されていた。仮に八番・大和であればどうなったのか…。「二番・筒香」で打線は確実に活性化しているが、この日ばかりは裏目に出たと言えるかもしれない。

関連記事