主力続々故障のDeNAが燕に痛い逆転サヨナラ負け、ロペスはどうなる?

DeNA ヤクルト

◆ヤクルト5-4DeNA◆
DeNAが非常事態だ。伊藤光、宮崎、パットンと主力の離脱が相次ぐ中、この日はロペスが右肩の違和感を訴え欠場。チームは最下位ヤクルトに痛い逆転サヨナラ負けを喫した。

ロペスはベンチ入りメンバーに名前があり、ラミレス監督も試合前には起用する意向だったが、打撃練習中に右肩の違和感を訴え、試合中のベンチにも姿がなかった。

「頼れる四番」の欠場でこの日のDeNA打線はつながりが今一つ。五回の一死一、三塁の好機にロペスに代わり一塁に入った佐野が併殺打に倒れるなどの拙攻がサヨナラ負けにつながった。

ラミレス監督はロペスについて「詳細はまだ聞いていない」と話したが、仮にロペスも抹消という事態になれば、首位を争うチームにとっては大きな痛手となる。

関連記事