丸以外に聖域なし?巨人・ゲレーロが来日初犠打

巨人 阪神

◆巨人4-2阪神◆
17年本塁打王でも例外はない。巨人・ゲレーロが来日初犠打を決めた。

ゲレーロは1-0の六回無死一、二塁できちんと打球の勢いを殺してキャッチャー前へ決めた。

原監督は「一死二、三塁を作りたかったと。あと1点取りやすい環境にしたかった。素晴らしいバントでした。セカンドランナーが岡本だったのでね、うちで一、二を争ういいランナーだったのでね、そういう意味ではちょっと不安もありましたけどね、でもナイスバントでしたね」

今季はゲレーロだけでなく、坂本、岡本、ビヤヌエバら長打力のある主力も犠打を記録している。主力で犠打がないのは丸ぐらいだ。

一方、七回無死一、二塁では丸に犠打のサインはなかった。指揮官は「丸にはなかったですね。逆にバントすることが相手を楽にさせるかなという判断がありました」と説明した。丸は四球を選んでチャンスを拡大した。

勝利のために、チーム全員に自己犠牲を求める原監督。状況次第では、丸にもいつか犠打のサインを出すかもしれない。

関連記事
坂本は断った?台風の夜は焼肉…巨人・元木コーチと内野手陣
台風接近も広島ー巨人は開催、明日の移動は困難か

関連記事